紙の文化に触れる

読書の秋とよく言われますが、今では時代も変わり、本を読むのもスマホやタブレットでという方も多いのではないでしょうか。デジタル化されても、作者としてはやはり形として残したいという想いから紙の本にこだわる方が多いのも理解できます。

先日、たまたま出先で「文具の博覧会ハッピーペーパーマーケット」が開催されてましたので覗いてみると、紙を使ったアイテムがたくさん展示販売されていました。

今では見かけない活版印刷機

紙でなければ表現できないものや、昔ながらの活版印刷なども実演されていて、改めて紙の文化は奥が深いのだなと感心しました。

立体的なカレンダー
オリジナルの紙を使った貼函
オリジナルスタンプ

多くのクリエーターたちが手がける素晴らしい作品は、モニター画面ばかり見ている私たちに、形として残したいという強い想いを伝えていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。