上製本の丸背と角背とは?

弊社では少部数のPUR上製本を作っていますが、残念ながら角背上製本のみの対応となっております。

上製本には角背と丸背が存在します。見ての通り、背の形が丸い本と角ばった本です。

厚い角背本の場合、開閉を繰り返していると、次第に小口部がせり出してきてページがめくりにくくなります。

そこで、あらかじめ小口部分をくぼませて製本したものが丸背本の始まりといわれています。

ページをめくりやすくするため小口の形状を曲線にした結果、背も丸い本になったということです。ですので背の形よりも小口の形状が大切であることを知っておいてほしいです。

今は、さほど厚みのない本でも丸背にしたいというお客様もいますので、丸背の持つ機能性よりもデザインや好みで別れるのかなと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。