本はこれからどうなる?

年が明けたと思ったら、またコロナが・・・・今年は良い年にと神社にお参りしてきたが、日ごろの行いが悪かったせいか、神様はワイヤレスイヤホンで落語を聴いていたのかもしれない。このような電子化が進む世の中で、本も様変わりしている。コミック市場は「鬼滅の刃」効果で盛り返したが、市場を広げているのは電子コミックやオーディオブックというサービスであり、もう一つは自費出版でしょう。オンデマンドプリントできるようになったので、著者は出版のハードルが低くなり、コロナ禍で時間も作れたことから論文だけでなく自分史や絵本なども出版する方が増え、販売の仕方もネットに変わりつつある。最近は本を買うのも書店ではなくスマホやPCでネット購入される方が増え、購入方法も様変わりしている。

弊社はこういった自費出版のニーズに対応するため、オンデマンド印刷対応製本を中心に小ロットのPUR上製本やPUR無線綴じ、中綴じの製本加工サービスを行っております。首をながくしてご利用をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。